Q&A

  • 1. お支払いについて
  • 2. サーバー関連
  • 3. メールマガジン(メルマガ)とステップメールについて
  • 4. 特定電子メール法について
  • 5. 機能について
  • 6. その他
すべて展開 | すべて折りたたむ
  • 1. 返金制度はありますか?
     

     
    原則として返金には応じられませんので、予めご了承ください。

  • 2. お支払い時の手数料等
     

     
    商品代金は税込となります。
    銀行振込の場合、振込手数料、コンビニ決済の場合決済手数料がかかります。

  • 1. レンタルサーバーでは使えないんですか?
     

     
    スペックを満たすものであれば、動作はすると思います(動作環境の詳細はこちら。http://www.risingmail.jp/shiyou.html)。ただ、あまり推奨はしません。
    レンタルサーバーは、メール配信数に大きな制限がありますし、基本的にメールマガジンの発行を良しとしていない所が多いためです。VPSを使われることをおすすめします。

  • 2. どのVPSを使えばいいですか?
     

     
    動作環境の詳細についてはこちらをご覧ください。http://www.risingmail.jp/shiyou.html
    推奨しているのは、「さくらインターネットのVPS」、「カゴヤのVPS」です。
    ただ、サーバーの仕様は変わる場合があるので、動作保証を確約するものではありません。

  • 3. VPSにインストールできるか心配なのですが・・・
     

    「さくらインターネットのVPS」「カゴヤのVPSのKVM」であれば、マニュアル内のVPS設定手順書、インストール設定手順、エクセルフォームをご覧いただければ、インストールできると思います。
    もし、できなければ「さくらインターネットのVPS」、「カゴヤのVPS」に限り、別途3,240円[税込:消費税8%]を銀行振込にてお支払いいただければVPS設定代行・インストール代行は可能です。
    また、他のVPSでも、ご相談いただければ対応をしたいと考えております(代行費用もご相談)。

    あと、混み合っている時は、対応が遅れる場合がありますので、ご了承ください。

  • 4. install.cgiを実行するとエラーが出ます
     

     
    フォルダのパーミッションを707にしてください。それと、install.cgiのパーミッションを705に設定して再度お試しください。

  • 1. メールマガジン(メルマガ)とステップメールの違いを教えてください。
     

     
    メールマガジン(メルマガ)は、読者の全員に同じ内容のメールが送られます。つまり、「最新情報」や「旬の情報」を送るのに適しています。

    これに対し、ステップメールは決められた順番に読者それぞれで違う内容のメールが送られます。例えば、1番~5番のメールを順に送っていきます。何故こんなことをするのかと言いますと、メールマガジンでは読者の全員に同じ内容のメールが送られるため、読者によって登録時期が違い、基本的に過去のメールマガジンが読めないからです(バックナンバーのページを作っておけば、過去のメールマガジンも読めますが、一から目を通す人は少ないと思います)。

    でも、ステップメールなら順番に送られるので、自己紹介→商品の内容→何故お客様に必要なのか→会社や社長の想い→商品を提供する理由といった「ストーリー」を送ることが可能なのです。

    なので、このメールマガジンとステップメールを上手く取り入れるのが、メールマーケティングの醍醐味といえるでしょう。

    この説明でわかりましたでしょうか?メールマガジンとステップメールは奥が深いので、ここでは説明しきれません。

    もし、この説明でわからなければ、お手数ですがグーグル(検索エンジン)で検索してみてください。

  • 2. アダルト系のメルマガを配信してもいいですか?
     

     
    公序良俗や特定電子メール法などの法律、サーバーの利用規約などに抵触していなければ可能です。

  • 3. ステップメールのシナリオが終了してから、メルマガに切り替えられますか?
     

     
    『ライジングメール』は1つのカテゴリで、ステップメールとメルマガが一緒に送れる仕様となっております。ステップメールを送っている最中に、メルマガがはさまって送られてもいい場合は、特に設定は必要ありません。
    ステップメールのシナリオが終了してから、メルマガを送りたい場合は、まずカテゴリを分ける必要があります。それと、ステップメールのタイトルとメルマガのタイトルを同じにしてください。タイトルが違う場合、メール配信の承諾を得られていないことになり、特定電子メール法に抵触するからです。
    また、ステップメールとメルマガの自動切替はできませんので、お客様の方でデータを移行していただく形となります。

  • 1. メルマガ、ステップメールを送る際、気をつけること:特定電子メール法について(リンク)
     

     
    特に気をつける点は、以下です。

    「メールマガジン・ステップメール配信の同意を得て配信をすること」
    「送信者(責任者)の氏名又は名称を記載すること」
    「受信拒否ができる旨等を表示すること」

    以上が特に気をつける点ですが、特定電子メール法の改定によって変わる場合があります。なので、詳しくは特定電子メール法をご確認ください。

    特定電子メール法については、以下等をご覧ください。

    総務省|電気通信消費者情報コーナー|迷惑メール対策
    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/m_mail.html

  • 1. 通知メールのエラーメールは今のところありませんについて
     

    まず、通知メールの「エラーメールは今のところありません。」と「Undelivered Mail Returned to Sender」は合いません。

    届かなかったメールを通知メールで知ることはできません。「エラーメールは今のところありません。」は、システムが自動受信した内容について掲載しています。

  • 2. A、Bタイトルの開封率について教えてください
     

     
    読者のメーラーのセキュリティ設定などによるため、実際の開封数・開封率を測定することはできません。
    ABタイトルの開封率については比較する指標であり、実際の開封率はこの数値よりも高くなる場合があります。

  • 3. 登録フォームが文字化けします
     

     
    登録フォームは、UTF-8の文字コードで保存をしてください。
    UTF-8で保存する方法がわからない方は、以下の空ファイルをダウンロードして、登録フォームのソースを貼り付けてください。
    http://risingmail.jp/faqfile/touroku-f.zip

  • 4. 短縮URLのPOINT(ポイント)について
     

     
    POINTは、短縮URLをクリックした際に、クリックしたユーザーに特定のプレゼントPOINTを付与する機能です。例えば、100P溜まったら特定のメール送り、何かプレゼントする場合などに利用します。

    なお、短縮URLを何度も見て頂けた分ポイントを付与するという設計となっております。つまり、見て頂く=非常に興味があり、関心がある部分を評価するという方式を採用しております。

  • 5. メールアドレス抽出(全文検索)はどんな時に使いますか?
     

     
    抽出機能は、主に文章に含まれたアドレスを抽出する目的などで使うことができます。

  • 6. CSVのインポートはどこでできますか?
     

     
    既存メールデータ変換登録で行えます。

  • 7. A、Bタイトル開封率確認のメール後に、送られる残りのメルマガ読者に送られるメールにリンクはついていますか?
     

    残りのメルマガ読者に送られるメールは、開封率確認メールと全く同様のものではなく、単にメール送信の際に記載された本文の内容が送られます。

  • 8. 通知メールはいつ送られてきますか?
     

    通知メールは基本的に件数などの変動があったときに送られます。なので、毎回メール送信ごとに送られるわけではありません。

  • 1. 使い方のサポートはありますか?
     

     
    操作画面の指示に従っていただければ、使い方はおおよそ分かると思います。どうしても使い方がわからない場合は、ご相談内容により無料・有料のメールサポートをしております。ただ、メールが混み合いますと、対応が遅れる場合がありますので、ヘルプ(FAQ)のページをできるだけご活用ください。
    また、『ライジングメール』は非常に機能が多いので、一度に全てを使おうとしない方がいいでしょう。まずは、したいと思うことから試されていくのが良いと思います。
    あと、ソフトウェアの動作不良のご連絡は、メールにて随時受付をしております。

  • 2. 1回の配信数は最大どれくらい?
     

     
    ソフトウェア上の制限は無いですし、VPS提供会社でもあまり制限は無いと思います(詳しくは、VPS提供会社にご確認ください)。ただ、制限は無いといっても膨大な量のメールを配信することは、VPS提供会社でも好ましいことではないでしょう。
    1回の配信数ですが、1万通程度を目安にされるといいと思います。
    (あくまで目安ですので、もっと送れるか気になる方は直接VPS提供会社にお問い合わせください。)

  • 3. 自己アフィリエイトはOKですか?
     

     
    自己アフィリエイトはNGです。

    もちろん、商品を買っていただくユーザー様(お客様)はとても大事な存在です。しかしながら、私どもの商品をご紹介いただいているアフィリエイター様も非常に大切なパートナーなのです。

    アフィリエイター様は一所懸命、サイトなどで私どもの商品をご紹介してくださっています。そのサイトをご覧になり、ユーザー様が良い商品と思われたならば、購入を決められるでしょう。ですが、もし自己アフィリエイトがOKならば、ユーザー様はご自身のサイトでお申込みを決められるかもしれません。それでは、アフィリエイター様に利益が全くいかないので、申し訳なく感じます。

    なので、少なくとも現在の所は自己アフィリエイトをNGとしております。ただ、ユーザー様ご自身がアフィリエイターという場合もあり、悩ましい所です。これはどちらがいいとは容易に言えない部分があります。ですが、今のところは自己アフィリエイトはNGとしております。

  • 4. メールの到達率は高いですか?
     

     
    まず、メールは相手先の設定に左右されることが多いので、必ず届くわけではありません。
    ただ、『ライジングメール』はVPSでメールを配信することによって、メールの到達率を上げるように設計されております。レンタルサーバーは、メールを送っている利用者のなかに迷惑メール送信者がいると同一IPということであなたのメールも迷惑メールに認定されてしまう可能性があります。しかし、VPSは独自のIPで送信できるので、メール到達率が高まります。そういった意味では『ライジングメール』はメールの到達率が高いシステムだと考えております。

  • 5. ユーザー名・パスワードを変えたい
     

     
    まず、現在のユーザー名・パスワードでログインしてください。その管理ページの「登録情報更新」で変更できます。

  • 6. ユーザー名・パスワードを忘れた
     

     
    ユーザー名・パスワードをお忘れになった場合は、購入者ページの下部の方法を実行してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です